イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 独立・起業前におススメの本 ~ ザ・プロフィット 取引規模利益モデル ① ~ 4

投稿日:2011年3月1日 投稿者:Yamada

こんばんは。

いつもありがとうございます。

昨日の出張のお話になるのですが、毎回夜ごはんは同じ店で食べています。

おでんをメインとした小料理屋さんなのですが、

おでん以外の料理の味つけや盛り付けのこだわりがとても良くて、

これまで色々な料理をオーダーしましたが、全て美味しかったです。

特に海が近いせいもあって、魚料理はかなりいけてます。

昨日初めてメバルのから揚げというのを頼んだのですが、

メバル丸ごと食べれて、ポン酢や味付けも良くて、かなり満足度の高い料理でした。

写真を取ったのですが、食べてから見直すとわかりにくく、

伝えたいこと・良さが半減していることに反省です。

今回は、【取引規模利益モデル】のお話です。

この利益モデルのポイントは、大規模な取引が大きな利益を生むという点です。

取引規模が大きくなればなるほど、一件当たりの売上の上昇が、

一件当たりのコストの上昇より急勾配になるという点です。

なんとなく理屈はわかるし、イメージがつきやすいお話です。



しかし、この本でも書かれていたようにポイントは、

どうすれば大きな取引が手に入るかということにあり、実際のビジネスにおいて応用していくために

どういった行動・考え方をすれば良いのかという点が気になりましたが、

そこについての考え方が書かれていました。



独立・起業間もない頃は特にそうですが、大きい・小さい取引機会はランダムに散らばっていて、

自分に訪れた取引機会は、どんなものも選り好みせずに

受けていくというのも1つの方法かもしれません。



それだけに、大きな取引だけを狙おうとするなら、リスクを覚悟しなければならず、

大口顧客に集中するために小規模な取引をこぼしたあげくに、

大口顧客も掴みきれないということにもなりかねません。



そうすると、この利益モデルを作っていくために必要な要素は、

【リスク負担】となります。

他にも、【能力】【忍耐】とありますが、この利益モデルに欠かせない要素とされるのが、

【大口顧客との関係性の築き方】になります。



では、【大口顧客との関係性の築き方】の事例のお話はまた明日で!







関連する投稿