イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 独立・起業前におススメの本 ~ ザ・プロフィット 取引規模利益モデル ③ ~ 6

投稿日:2011年3月3日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。

昨日は同じ業界で仕事をしている高校時代の同級生とお食事に行きました。

システムエンジニアをされているのですが、

前向きで外交的で知的欲求が高いので、お話して非常にいつも刺激になります。

業界の流れのお話などもうかがえるので、とても勉強になりました。

最後の方は、共通の話題である「ハゲタカ」の話ばかりしてしまいましたが・・・

昨日のお話の続きです。

必勝パターンを手に入れたアリスでしたが、

そうなるまでどのくらいの時間を要したかと言いますと、7年でした。



この話のポイントの、【取引規模が大きくなる可能性がある見込み客を見極めること】、

【見込み客がどう扱われたいかというニーズを知り尽くしていくこと】も大切ですが、

結果がコンスタントに出るまでに7年かかったという点もとても興味深かったです。



まずはターゲティングを見定め、同業他社がやっていないブルーオーシャン戦略を実施し、

更にその戦略を徹底すると同時に、自分も磨いていく。

そこだけに7年の歳月がかかったのではなく、もう1つ歳月がかかったのはやはり

【顧客との素晴らしい関係性構築】

だったのではないかと思います。



ビジネスにおいて、時間をかければ全ていいというものでもありませんが、

時間をかけないと得れないもの、見えないものもたくさんあります。

例えば、お互いの思考、価値観、癖、行動パターン、理念・・・

このような要素は【人間力】、或いは【企業力】と呼ばれる部分です。



この時間の積み重ねが、このお話には【大きな取引=顧客関係性】とまとめられていました。


この表で言いますと、コストが先にかかりますが、

ある一定のタイミングから、コストに対して売上が急激に伸びる可能性がある利益モデルということになります。



金額の多寡だけではなく、自分にとって【大きな買い物】と思える選択時には、

提案の中身だけでなく、提案の後ろにいる【人】を見るというのは、

当然のことなのだと改めて思ったお話でした。

関連する投稿