イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 情報感度の大切さ ⑥ ~情報収集手段 3~

投稿日:2011年4月15日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。

造幣局の桜の通り抜けが始まりました。大阪にずっと住んでいながら未だに行ったことがありません。

行きたいのですが、17時までなのでなかなか時間が合わない…でも、行ってみたいです。


昨日のお話の続きです。twitterのメリットのお話でした。



③の『情報発信をする『きっかけ』となってくれる』は、

自社・自分として何か伝えたいことを発信するという意味もあります。

一昔前は不特定多数の人に情報発信する手段としては、

有料or無料のプレスリリースや自社サイトでの告知など、

あまり多くないかつコストがかかるケースが多かったですが、

twitterは無料かつ『リツイート(引用つぶやき)というかたちで口コミ・紹介が発生する場合もあります。



ただし、考え方としては『良質or有益な情報』であることが前提なので、

単なる自社のPRばかり流しているツイートは口コミどころかスルーされていきます。

たまに、営利目的だけのネットワークビジネス系の方からフォロー申請がありますが、

圧倒的にフォロワーの数が少ないことが、如実に表していると思います。



これは、④の『オーソリティを高めることでブランディングができていく』にも繋がることなのですが、

基本的にソーシャルメディアでは、自社・自分の専門力を、

「どうだ!凄いだろ!」

と言うことは望まれていません。



その専門的に実力があることを、ソーシャルメディアにいる人達にどのように伝えれば、

その人達に貢献できることになるだろうかと考えると、

「この記事の本当の意味は、○○なんです。なぜなら・・・」

といったように、オーソリティを自己評価するか、見た人が評価するかの違いになります。



ソーシャルメディアの概念の1つである、

この他者評価がその周りにいる人達の『信頼』と『安心』を生み出し、

本当のオーソリティを高めることに繋がります。



『レーティング』と呼ばれる食べログや価格.comの評価システムは、

目に見えるかたちの他者評価です。

この他者評価は、『評判の口座』とも言われています。

口座というだけあって、この評価が購買・来店に結びついているのは

既に多くの方が体感されていることだと思います。

目には見えないけど、換金価値が備わっていると言えます。



そして、オーソリティを高めることが『個』のブランディング、

しいては『企業』のブランディングや評判資本の向上に繋がっていくのだと思います。



Facebookのお話はまた来週で!

関連する投稿