イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 情報感度の大切さ ⑩ ~情報収集手段 7~

投稿日:2011年4月21日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。

もうかれこれ1年くらい大阪の堂島には毎週1日以上は訪れるのですが、

意外にお店を知らなかったな最近感じています。



昨日、お昼ごはんに連れて行っていただいたお店は、ホットペッパーを利用しますと

ゴルフの打ちっぱなし(1時間無料)とランチがついて650円でした。

西梅田は好立地という印象が強いのでギャップがありました。

西梅田の桜橋交差点から徒歩1分にある『ホテルビスタプレミオ堂島』の2Fにある

「堂島カントリークラブ」というゴルフバーです。 http://www.dojima-cc.com/

非常にリラックスできるスペースなので、かっちりとした打ち合わせではなく

ブレストなどには凄くいいスペースだと思いました。

食前と食後と打ち合わせ前にしっかりと運動しました。



RSSのお話に入る前に、twitterやフェイスブックやGoogle検索の話が出てきましたので、

簡単に違いを整理してみたいと思います。先週、参加した神戸ITセミナーで神田敏晶さんが

仰っていたお話も参考にさせていただきます。



◆Google ⇒ 例えるなら【朝食バイキング】
 ・無限大の情報
 ・自分からアクセスする必要性

 ⇒つまり究極のセルフサービス



◆twitter ⇒ 例えるなら【回転寿司屋】
 ・瞬間(その時だけ)のストリーム
 ・情報が勝手に流れてくる
 ・重要な情報は取り損ねてもRT(リツイート)がある
 ・どの寿司屋に入るは自由=誰をフォローするかは自由

 ⇒自分を中心とした世界観が創れる。他人を『Google化』して楽もできる



◆フェイスブック ⇒ 例えるなら【フードコート】
 ・1回は料理を取りに行く(友達申請)必要がある
 ・パーティーをやっている感がある
 
 ⇒好きな料理(情報)を色々なところから集めてきて一ヶ所で食べることができる



ちなみに、日本でのソーシャルメディアの参考数値としましては2011年2月時点で、


         利用者   利用時間(日)
●twitter    1282万人  26分
●mixi     1070万人 160分
●Facebook  600万人  41分



となっています。そして、最近の流れとして言われているのが、

mixi、ブログは「手間がかかる」という理由で離れていく人が増えてきていて、

逆にtwitterやFacebookのような『今』がわかり、かつ『流れる』情報が

集まるソーシャルメディアが楽という人が増えてきているようです。



ソーシャルメディアに関して周りの方にお話を聞いてみますと、

見たりはするけど、積極的に活用していない理由でよく聞かれるのが、

「手間がかかる」、「情報発信が苦手」、「継続してはできなさそう」、「時間がない」

が多かったです。



ただ、上記4つとも本当は活用している誰しもが思っていること(もしくは思っていたこと)

だと思いますので、後は何を目的・目標としてソーシャルメディアを活用するかによると思います。

利用する意義や目的がなければ、時間と労力を費やすことになります。

後は、やるかやらないかです。



目的・目標、或いは必要、不必要の度合いは、人それぞれだと思いますので、

自分と近しい立場、或いは同じ業種のビジネスをしている方がどうされているかは

1つの参考になるかもしれません。



…最後のお話、RSSの話は明日で!

関連する投稿