イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 リピーターからファンになる瞬間 ① ~スーパー銭湯編 1~

投稿日:2011年4月26日 投稿者:Yamada

こんばんは。

いつもありがとうございます。

久しぶりにこの時間にブログUPする気がします。

 

5月11日~13日に東京ビッグサイトで開かれる

ダイレクトマーケティングEXPOなどの展示会「Japan IT week」。



今年は同時開催も含め11の展示会、過去最多となる1560社が出展されるそうです。

特に、クラウド系とスマートフォン系が増えているのが特徴的なようです。

 

仕事でミステリーショッパーをさせていただいたり、ネットでお客様の店舗集客力UP、

リピーター獲得のお手伝いをさせていただいたりしていますと、

流行っているお店があると凄く気になります。



リピーターが多いと売上が上がりますし、

リピーターより上の顧客ロイヤリティに位置する『ファン』になると、

その方からの売上でなく、口コミや紹介などからも売上が上がり、

LTV(顧客生涯価値)の観点からすると非常に大切です。

 

リピーターが多いお店のパターンは、

ミステリーショッパーの経験・結果や、ユーザーの方の声をお伺いしていますと、

特徴をざっくりと分類しますと2つにわかれまして、

1つ目が『何かに特化している』お店です。

 

例えば飲食店ですと、店長の接客力・ホスピタリティ・会話力などの俗人的な強さがあるパターン、

焼き鳥がむちゃくちゃ美味しいのに値段はリーズナブルなパターン、

料理や接客はそつなくしていて店内の雰囲気や音楽がとても良いパターン…などです。

 

2つ目は『総合力が高い』お店です。

これは、ミステリーショッパーなどのチェック項目に出てくるような

「来店~入店まで」、「来店後の接客」、「商品の質について」

などの項目の総合力も当然大切なのですが、

競合他店が気付いていないけれども、実は顧客が望んでいるニーズを満たす項目も

高いレベルで行い総合力の『満点基準が他社より高い』ことが、

流行っているお店に共通しています。



今回は2つ目の『総合力が高い』お店の例として、

スーパー銭湯「祥福の湯」について他者評価+経験談をもとに書いてみます。

 

これまでにブログの中で何度か書いたことがありますが、

「祥福の湯」は堺の石津にあります。



私自身が行くきっかけになったのは腰が痛くなったことと、

やや夏バテだったのでゆっくりしたいなというのがきっかけでした。

これまでに幾つかスーパー銭湯は他にも3店ほど行ったことがありましたが、

地元の友達が5年くらい前に「ここはホンマにいいから」

というおススメを言っていたのを思い出し、2010年の8月に初めて「祥福の湯」に行きました。



お風呂の種類も多く露天風呂もあったり、

腰に泡を当てるお風呂などもあり、色々あるから確かにいいなぁと思いました。

 

店内も凄く綺麗だし、飲み物・食べ物は充実しているし、

スタッフも丁寧ですし、絶えずどこかで誰かが『掃除』をしているのを目にすると、

店内の綺麗さに納得感がありクリーンネスの徹底を感じました。

 

リラックスルームに行くと、マンガがたくさん置いていて、

風呂上りにいちご牛乳を飲みながらリラックスする時間、

かなり心地良くて、この時点で


『また来たいなぁ』

と思いました。

 

私の場合、上記に書いているようなことが刺さって、トータルで良いなと思ったのですが、

人によって何かを大切にする『心の琴線』に違いはあると思います。

 

ただ、【また来たいと思わせる心の琴線】が年代別、性別に対して

幾つも用意されているんだろうなと思いました。

 

そして、翌週にまた行った時に、1回目に来た時には知らなかった良さ、

或いは見えていなかった良さを体感できました。

 

…続きはまた明日で!

関連する投稿