イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 リピーターからファンになる瞬間 ⑪ ~立ち飲み屋編 6~

投稿日:2011年5月18日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



お客様との商談中にはなかなかこれまでの人生の詳しいお話はお伺いしにくいのですが、

やはりお酒の席ですと普通にそういったお話が伺えるのがとても貴重だなと思います。

言葉や行動の源泉が、これまで以上に理解できるきっかけとなりました。

貴重な機会を設けていただき本当に有難い限りです。


昨日のお話の続きです。立ち飲み屋の特徴のお話です。

●個性があるお店が比較的多い

立ち飲みだからこといって、単にお酒と料理を出していればお客様が集まってくるわけではありません。

当然、立ち飲み屋も競争があるので、

どこかに個性がないとお客様は満足しないのでお店に来てくれません。



顧客から見た重視するポイントは幾つかあります。

 ・料理の味のクオリティ

 ・料理の種類の豊富さ

 ・お酒の種類(お酒好きの人は特に)

 ・キラーコンテンツの有無(料理、お酒問わず)

 ・料理とお酒の出てくるスピード(手っ取り早く食べたい・飲みたいニーズが高いため)

 ・お店の雰囲気(落ち着ける雰囲気かどうか、味のある雰囲気かどうかなど)

 ・価格

 ・接客


立ち飲み屋の特徴の1つとして、お客様がお店に入る時間は短く回転が早いことがあります。

ですので、流行っているお店は来店顧客数も必然的に多いということになります。



また、立ち飲み屋に行くお客様の特徴として、

一度気に入ったら同じ店に行く人、つまりリピーターが多いことです。

自分が求める立ち飲み屋と出逢えたら、立ち飲み屋の『気軽に行ける』特性もあいまって、

本当に頻繁に行きたくなります。



多くの方は立ち飲み屋に対して接客のクオリティをそこまで高いレベルで求めていません。

粗相がないレベル、注文の聞き間違いがないレベルが最低限で、

「明日はお休みですか?!」くらいの、近すぎないけど自分のことを常連として

認識してくれていることがわかるくらいの会話の接客ができれば十分だと思います。

実際、数百人の顧客の中で自分をさりげなく覚えてくれることは、想像以上に嬉しくなります。



飲食店のリピーターになるお客様は、自分のことをリピーターとお店に認識してもらえることが

嬉しく感じる人が多いのですが、立ち飲み屋でも同じことが言えます。



…続きはまた明日で!

関連する投稿