イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 サッカーで学んだことで仕事にも活かされていること ①

投稿日:2011年6月6日 投稿者:Yamada

こんばんは。

いつもありがとうございます。



昔からよく思うことが、『頼まれごと』というのは凄くありがたいことだと思います。

頼まれるという行為自体が、信頼されているからこそ、

頼りにされているからこそのことが1つと、

『頼まれごと』は無駄にはならないことがもう1つです。



例え見た目はタダ働きかもしれませんが、

『自身の経験』・『信頼残高蓄積』という目に見えない価値があるのと、

『頼まれごと』は偶然ではなく、必然で起きていると感じることが多いからです。



損得勘定で動くのではなく、純粋に『頼まれごと』を遂行していると、

バッタリと自分のチャンスとなって返ってくることがあります。

というようなことが、最近もあったので忘れないうちに書いてみました。

色々なスポーツがありますが、サッカーは個人的には凄くいいスポーツだと思っています。

『組織』と『個人』という社会に出ても学び続けるエッセンスが、

かなり濃くたくさん詰め込まれているからです。



タイトルにありますように、ちょっと個人的なお話で恐縮なのですが、

こないだサッカーの試合を見ながらふと思い返してみると、

今まで気づいていなかったことなどが、

なんとなく言語化できそうと思ったので、書いてみることにしました。



小学校の時は友達一緒によく野球をしていましたが、

中学校に入った時にグラウンドの広さの関係で、野球部がありませんでした。

ですので、仲の良い友達がほとんどサッカー部に入ったから、

じゃあ自分も入ろうというくらいの気持ちで入部しました。



全くのど素人からスタートしましたので、

ボールの扱いは超下手だし、体格的にも不利でしたし、

短距離走はそこそこでしたが、長距離走は持久力があまりなかったので、

入部半年間はずっとベンチメンバーでした。



サッカー経験者が何人かいたので、上手くていいなぁといつも羨ましく見ていました。

どうやったらまずレギュラーになれるかということを

当初の自分なりに考えた結果、まず基本的なボール技術と、

他の人には持っていない技術をとことん磨けばいけるのではと思いました。



具体的に何をして何を学んだかというお話は、長くなりそうなのでまた明日で!

関連する投稿