イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 サッカーで学んだことで仕事にも活かされていること ②

投稿日:2011年6月7日 投稿者:Yamada

こんにちは。

いつもありがとうございます。



梅雨に入ると美容室は忙しくなるそうです。

湿気が髪がまとまらない方が増えるからだそうです。

プラスになる季節変動要素もあれば、長期休暇などのマイナスの季節変動要素もあるので、

最終どうなるんだろ?!トントンorプラスで終わる?!

このあたりは、商売によって変わってくるんだろうなぁと思います。

もっとヒアリングしないとわかりませんね。


昨日のお話の続きです。

どうやったらまずレギュラーになれるかということを

当初の自分なりに考えた結果、まず基本的なボール技術と、

他の人には持っていない技術をとことん磨けばいけるのではと思ったお話でした。



チームには左利きのプレイヤーがいなかったので、全員左足のキックができませんでした。

ですので、自分が左足で蹴れるようになれば左サイドのポジションが獲れると思いました。



更に、性格的に守備より攻撃している方が楽しかったので、

左ウイングのレギュラーポジションを獲ろうと、この時に明確な目標が持てました。



それから毎日部活が終わって家帰ってご飯を食べてから、

近所の公園で近くに住んでいるサッカー部の友達と、

或いは1人でずっと左足でボールを蹴る練習を1~2時間していました。



3ヶ月後には左足でセンタリングがある程度蹴れるようになり、

半年後にはコントロールはまだまだでしたが、

右足とほぼ同じスピードのシュートを左足で蹴れるようになりました。

そして、入部して1年後にようやく左ウイングのレギュラーポジションを獲得できました。



この体験で得たことは、サッカーだけでなくどんなスポーツにも共通することですが、

『日々の努力は報われる』ことでした。

反復の鍛錬、日々の積み重ねこそが、自分を向上するための方法であり、

物事の成果を出すための方法なんだと学びました。 



仕事も同じで、いきなり何もかもできる訳もなく、基礎をしっかりと創って、

基盤が十分できてから自分の個性や色を出していくものであって、

何の努力もせずに成果が出ないことは必然だと、この時の体験をもとにずっと思っています。



また、人がやっていないことや、人がやりたくないことをまずはやってみようと

思いだしたのはこの頃からだったと思います。

今の自分の言葉で言うと、人が通らない裏山を歩く、或いはブルーオーシャンに興味があるです。

今、事業をする上で、仕事をする上で自分にとってはとても大切な考え方になっています。



あと、この時に学んだことは、何かに特化して自分を磨くことで自信を得れることでした。

そして、その自信がステップアップの入口の『カギ』になるんだと今になって思います。



…長くなりそうなので、また明日で!

関連する投稿