イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 サッカーで学んだことで仕事にも活かされていること ⑦

投稿日:2011年6月17日 投稿者:Yamada

こんばんは。

いつもありがとうございます。

昨日はバタバタしていて、今日も同じような感じになりそうなので、

先にブログをUPしちゃいます。

サッカーのお話です。ちょっと間が空いてしまいすみません。



この時に初めて今で言うところの『マネジメント』をする機会がありました。

2年生の夏休みが終わった頃に、上級生も引退したので、

顧問の先生が残り1年間チームをまとめるキャプテンを選ぶことになりました。



直前の夏休みの練習に1人だけ1度も休まなかったという理由もあり、

キャプテンを任されることになりました。



正直、心の中では荷が重いなぁと思いました。

チームを見渡した時に、自分よりサッカーが上手い同級生のメンバーが

何人かいたので気が引けそうだったし、

人に指示出したりするのは性格的にあまり得意でないと思っていたからです。



とは言え、誰もができる経験ではないと前向きに捉えてみたのですが、

想像通りキャプテンになってからは、ストレスが出てきました。



キャプテンになったからには、チームを強くしないといけないという

強制観念にかられていました。

真面目にしないメンバーとか見ると、かなり怒って、

たまにケンカになった時もありました。

しかし、怒ったからといって上手くいくわけでもなく、

何人かのメンバーはたまに反発してきました。 

しかし、サッカー部のレギュラーメンバーの半分は家も近所で

小学校も一緒で気心が知れていたので、

私の性格を非常に理解してくれていて、いつもフォローしてくれていました。



彼らがいてくれたおかげで、何度も救われました。

正直、サッカーに夢中だった頃は個人のスキルを高めていくことを凄く楽しんでいましたが、

この頃は全体のことにも気を配らないといけないので、

あまり楽しくないと思ったこともありましたが、

彼らが私の表情や言葉で色々と察してくれて、

いつも他のメンバーに私の言葉を租借して伝えてくれました。



いつもフォロー・助けてくれる人には、

感謝を忘れてはいけないということと、

仕事でもそうですが、「誰と一緒にするか」って本当に大事だなと

サッカー部を引退した後に思いました。



…続きはまた来週で!

 

関連する投稿