イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 サッカーで学んだことで仕事にも活かされていること ⑰

投稿日:2011年7月1日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



もう既に真夏のように毎日が暑いので、7月に入ったという実感があまり湧きません。

でも、今朝は雨が降っていることもあり、久しぶりに少し涼しいです。

このくらいの気温の日ができるだけ多く続いてほしいです…

昨日のお話の続きです。

この合宿で学んだことは、普段見えていないだけであって、

組織が自分に与えてくれているもの、

自分を活かしてくれていることはたくさんあるということでした。



このサークルでの普段の練習中にサッカーが楽しいと思えるのは、

1人1人が真剣にサッカーをやっているからであり、

誰かが楽しいと思わせる雰囲気を作ったり場を和ませたり、

裏方に回って練習グラウンドの予約や試合の準備をしてくれたり、

代々の先輩たちがサークルのコンセプトを守り続けてくれたり、

サッカーサークルという組織にいるみんなが何かしらの

『影響力』『貢献力』『自己犠牲心』

を持って組織に関与しているからなんだと痛感しました。



あと、目に見えることだけで組織に貢献するのではなく、

自分の立ち位置や役割を客観的に見て、目に見えないところでも

自分が組織に貢献できるかどうかを考えることは、とても大切なんだとわかりました。



自分が気付いていない、見えていないだけで、

周りはもしかすると期待してくれていることもあるかもしれません。



普段当たり前に感じていることは実は当たり前でなく、目に見えないだけであって、
 
実は組織から与えられていることが多いので、感謝の気持ちを持つことと同時に、

自分も【Give】をできる限り還元しないといけないとわかりました。



社会人になってから、この合宿でのことを体験していて良かったとよく思いました。

仕事をしてキャリアを積めば積むほど、様々な『ステージ』が変わってきます。

仕事のスキル(できることの量と質)、役職、マネジメントの濃さ、クライアントの数…などです。



これらの要素のどれかステージが変わると、

基本的には自分のステージは上がっていることが多いので、

組織に還元できる(アウトプットできる)こともこれまでと違ったものになってくるはずです。



入社間もない入りたての頃は、できる仕事も限られているので、

フレッシュさや成長意欲で周りに明るい雰囲気と刺激で貢献することが

そのステージでのベストなのかもしれません。



キャリアを2年積んで結果を残しているステージの人は、

『なぜ結果を残しているのか』を組織全体に伝えていくこともそのステージでの仕事になります。

なぜなら、そのステージに辿りつけた要因は、自分の高い意識だけではなく、

組織の中の上司や先輩などを始め周りでサポートしてくれている人の

存在があってのことが多分にあるからです。



社会人になって『守破離』という言葉を知り、すごく好きになりました。

『守破離』とは、伝統を受け継ぐ者にとって忘れてはならない教えだそうです。



「守」とは、師や各流派の教えを忠実に守り、そこからはずれることのないように

精進して身につけよという意味です。



「破」とは、今まで学んで身につけた教えから一歩進めて他流の教え、

技を取り入れることを心がけ、

師から教えられたものにこだわらず、さらに心と技を発展させよという意味です。



「離」とは、破からさらに修行して、守にとらわれず破も意識せず、

新しい世界を拓き独自のものを生み出せという意味です。



会社、サークル、仲の良い友達の集まり…色々なかたちの組織がありますが、

そこに伝統が既に存在している、或いは自分たちで創っていくという意識を持つことで、

自分の生き方、自分の存在意義も変わると思います。



そんなことを考えるきっかけとなった合宿でした。

長文になりましたが、最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

一旦サッカーのお話はこれで!またどこかですると思いまーす。

関連する投稿