イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 ペアレント・アウトソーシングの市場性 ③

投稿日:2011年7月6日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



昨日、鴻池新田駅にある葉山珈琲さんというカフェに行ってきました。

お店は駅近の建物の2階にあり、

少し時間があったので、入口の様子をうかがっていると

10分くらいの間に3組のお客さんが入って行きました。

空中店舗だからなかなかわかりにくいのでは?!というのが第一印象でした。



3組の方は常連さんかもしれませんが、

私もお店に入ろうとしたところ、エレベーターの前には

写真の広告物がゆったりとした音楽を流しながら、

その傍らにメニュー表などのA看板が3つ程並んでいました。

これなら通りかかった人は2階にカフェがあることをしっかりと認知されますね。



昨日のお話の続きです。

社会進出をする女性の傾向として『物理的阻害要因』だけでなく、

貢献度・やりがい』という面も重要度が高まってきている気がするというお話でした。



その具体的な事例としては、家内という空間ではないですが、

通勤や時間の縛りがないという副業では「ミステリーショッパー(覆面調査員)」があります。



ミステリーショッパーとは、ミステリーショッパーと呼ばれる調査員が、一般客と同じように店舗を訪問し、

接客サービス・品揃え・商品の品質・店舗設備・従業員の営業力などの実態調査を行うことです。

ミステリーショッパー調査により、指定店舗で「実施していること/していないこと」を

全店共通の測定基準でチェック・得点化し、

全体傾向及び個店の改善ポイントを数量的な把握が可能になります。



店舗に行って調査する時は家内ではありませんが、

レポートを書きあげる時は家に帰ってからの家内業務になります。



ミステリーショッパーはこれまでは小遣い稼ぎ、

お金を貰って食事ができるなどの『損得』のモチベーションのみを

持った主婦の方がメインだったそうですが、

最近ミステリーショッパー事業をされている企業の方にお話を伺いますと、

キャリアウーマンの方中心に、好奇心や探究心からミステリーショッパーをされることが

多くなっていると聞きました。
主婦の方、キャリアウーマン問わずですが、

意識が高い方は成果物であるレポートのクオリティが高まるそうです。



あとは、「愚痴聞き屋」など最近の世相を表したテレワークも同様に、

『誰かのために役に立ちたい』

という想いが強い方がされているケースが多いようです。



社会進出をする女性にとって『物理的阻害要因』だけでなく、

ミステリーショッパーや愚痴聞き屋のように、

『貢献度・やりがい』という面も重要度が高まってきているようです。



…続きはまた明日で!


関連する投稿