イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】モービル・トラック市場のニーズはどこにあるか ⑥

投稿日:2011年8月22日 投稿者:Yamada

こんばんは。

いつもありがとうございます。



明日朝からバタバタしそうですので、この時間にブログをUPします。


先週のお話の続きです。

次に向かった場所は、ある村の一角で、わりと家が集まっている場所でした。

ここでも、このエリアに差し掛かる直前に、車のスピードを落として、音楽を流し出します。



そして、車を停めると音楽を聞きつけて、すぐに周りの家から主婦の方やおばあちゃんが、

続々と集まってきます。

5人くらいの方が買われて、確かここでの顧客単価は1,000円だったと記憶しています。

財布を持たずに1,000円札を握りしめて、1,000円分のパンを買われる方が2名いらっしゃいました。



そして、また次の場所に移動します。今度は駅です。田舎の駅なので、駅員さんは1人しかいない駅です。

さすがに、駅員さんは外には出てこられないので、こちらから挨拶をしに行って、

買う物はないかという『御用聞き』をします。そこでも、3,4個のパンが売れました。



駅員さんにパンを買ってもらって次の場所に行こうと思ったら、

自動で動く小さな車に乗ったおばあちゃんがゆっくりと近づいてきます。

そして、またもや1,000円札を握りしめて来られ、1,000円分の買い物をされました。



私は思わず、



「こちらでよく買われるんですか?!」



と話しかけました。すると、



「そうなんです。私は足が悪いからこうやって来てくれて、美味しいパンを売ってくれて本当に助かってます。
 
 孫もここのパンをいつも楽しみにしているんです。」



と答えてくださいました。



おばあちゃんとのお話で思い出したのが、昔我が家がお世話になっていたお米屋さんが、

お米や灯油という『重たい生活必需品』を届けてくれていたことです

少し割高にはなりますが、とても助かったことを覚えています。

 

次の場所に向かう途中に社員の方が私に、

「さっきのおばあちゃんのように、

 生活の中での『足』がなくて、不便・不自由している方は地方にはたくさんいます。

 私たちは、そういった人達の【不】を解消するのに、少しでもお役立てているのであれば、

 これほど嬉しいことはないです。



 なんせ、お金をいただきながら感謝されるっていうことも素晴らしいことだと思っていますし。

 だから、私はお客様に感謝しますし、この事業を続けてくださる社長にも会社にも感謝しています。」



と言いました。

『社会貢献』のかたちは無数にあると思いますが、

今自分が見聞きしている出来事は、間違いなくその1つだとその時思いました。

…続きはまた明日で!

関連する投稿