イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】モービル・トラック市場のニーズはどこにあるか ⑪

投稿日:2011年8月29日 投稿者:Yamada

こんばんは。

いつもありがとうございます。



昨日の朝から今朝まで当社とクライアント様の合同で、キャンプに行っておりました。

流しそうめんから始まり、BBQ、カレー、宴会、お子様たちを交えての大富豪ゲーム…



兵庫の山奥の宍粟郡という自然に囲まれた中で、

みなさまのお人柄のおかげでとてもリラックスした中で、

美味しいご飯を食べたり、お酒を飲んだりしながら、

色々なお話をして充実した楽しい時間を過ごさせていただきました。

気が付いたら一瞬で今日の帰路になっていました。

楽しい時間は本当に早いです。ほんと感謝の限りです。

 

 

先週のお話の続きです。

最後に回った家での出来事は、今でも鮮明に覚えています。



海岸の近くにポツンとある家の玄関先まで車で行き、

社員の方は車から降りて、その家のインターホンを鳴らしました。

しばらくすると、80歳くらいのおばあちゃんが出てこられました。



社員の方とおばあちゃんは2分くらいお話されていました。

そして、その方も1000円分ぐらいのパンを買われました。



社員の方が戻ってこられ、車に入られた時に私は、

「いつもより結構長くお話されていましたよね?!」

と何気に伺ったところ、



「あの方は、もう何年もあの家で1人で暮らされています。
 
 子供さんとも離れて暮らされているので、下手すると1週間誰とも

 会話をすることもないと以前言っていました。

 だから少しでも人との会話と温もりを伝えることができればと思いまして。」

と社員の方は言いました。



そして、車のバックミラーを見ると、おばあちゃんが家の外まで出てきていて、

移動販売車が見えなくなるまで、ずっとこちらを見ていました。

バックミラー越しに見たおばあちゃんの寂しそうな顔と姿が、

今でもはっきりと鮮明に焼き付いています。



食べ物を届けるのだけではなく、

人の血が通った『温もり』を届ける仕事でもあるんだと感じました。

目に見えるものだけではなく、

目には見えない大切なものを届けている仕事でもあるんだと感じました。

そして、1つの『社会貢献』のかたちを感じました。



続きはまた明日で!

関連する投稿