イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】『フランチャイズ』と『のれんわけ』のメリット・デメリット ②

投稿日:2011年9月6日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



いつもRSSで見ている「わかったブログ」に先日、

【ブログは思考のデータベース】

と書かれていました。



まさにそうだなぁと思いつつ、

データベースのクオリティが低ければそこから何も生み出せないので、

インプット、アウトプット共に普段から意識しなくてはと思いました。



 

昨日のお話の続きです。

一般的に言われているフランチャイズのメリットは下記のとおりとなります。



■本部側のメリット

1,少資本(金/人)で、広い地域に短期間に展開することができる。

2,同時に拡大の中、同一のブランドイメージを強力に訴求できる。

3,加盟金やロイヤリティを着実に確保できるため本部側に安定材料が生まれる。

4,フランチャイズシステムという強力な販売ルートが確立されるため、

  安定した商品需要が生まれる。



それぞれポイントだけお話していきますと、

1,の『少資本(金/人)で、広い地域に短期間に展開することができる。』

に関しては、直営店展開であれば店舗を開く資金調達も

金融機関に対して交渉をして、手間暇かけて資料を作成して自社で用意するところを、

加盟希望者が資金を用意しますので、別の言い方をしますと『他人資本』

本部側は店舗開業にかかる資金が揃うという意味になります。



そして、そこに配置する人も採用し教育する必要が出てきますが、

フランチャイズの場合は、『人』は加盟希望者自身、

或いは自分がオーナーとなって右腕になる人材を育てます。



目に見える『資金』という他人資本だけでなく、

目に見えない『教育・採用コスト』も他人資本でカバーできるということが、

本部の大きなメリットの1つとなります。



そこに加盟希望者の意思があれば、

開業に必要な『資金』・『人』・『意思』の3つが揃っていることになり、

よりスピーディーに自社に地縁がない地域に対しても、

展開することができるということになります。



…続きはまた明日で!

関連する投稿