イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】『フランチャイズ』と『のれんわけ』のメリット・デメリット ③

投稿日:2011年9月7日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



昨日のサッカー日本代表×ウズベキスタン戦、引き分けになりました。

アウェイという影響もありましたが、グラウンドが大変そうでした。

コーナーキックのところに傾斜があったのには驚きました。

助走もできずかなり蹴りにくそうでした。



後半から入ってきた清武選手、賢い選手と言われていますが、

昨日の試合では状況判断や選択の良さが際立っていたように思えます。

技術に自信があるからこそ、あそこまで落ち着いてプレーできるのだと思います。

来月のタジキスタン戦に期待です。





昨日のお話の続きです。

一般的に言われている本部側から見たフランチャイズのメリットのお話でした。



2,の『同時に拡大の中、同一のブランドイメージを強力に訴求できる。』

に関して、一言で言いますと、

「最近、あの美味しいラーメン屋さんってよく見かけるね。」

というやつです。



『よく見かけるね=顧客からの支持があるからこそ店舗が増えている』

という印象を提供することができるので、

加盟希望者側にとってはその印象が価値になります。



既に味や信頼が担保されている世の中に浸透したブランドイメージを

そのまま引き継ぐことができます。



本部側からしますと、フランチャイズ加盟店が増えれば増える程、

ブランドイメージを世の中に浸透させることができ、

しいてはそこがフランチャイズ本部の価値であり、

加盟金やロイヤリティの対価となって、本部の収益に寄与します。



実際に、業種業態によるところもありますが、店舗数が多くなれば多くなる程、

加盟希望者が一番最初にFC加盟について問い合わせをしたきっかけとして、

「お店を色々な場所で見かけたから」

「お店を利用したことがあるから」

という意見が増えてくる傾向にあります。



…続きはまた明日で!

関連する投稿