イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】『フランチャイズ』と『のれんわけ』のメリット・デメリット ⑩

投稿日:2011年9月16日 投稿者:Yamada

こんばんは。

いつもありがとうございます。



昨日、ホームパーティーに招かれました。

普段あまりお話しないような業種の方々とお会いできて情報交換でき、

またアットホームな雰囲気が凄く良かったです。

タワーマンションだったので、途中高層階のスペースに連れていっていただきました。

風も涼しく、夜景も綺麗でした。





マンション内に会議室のようなスペースもあり、

以前「もくもく会(その日の目標を宣言して黙々と仕事をする)」もされたそうです。

こういうところでコ・ワーキングできるといいだろうなぁと思いました。



昨日のお話の続きです。

5,の『加盟店に対して、売上シミュレーションを実現し儲けさせる一定の責務が生じる』

6,の『加盟店とは継続的、複合的な固定契約であるためトラブルになるとこじれやすい』

に関しましては、密接したデメリットなのでまとめて書いてみます。



フランチャイズというのは、ある意味『成功が担保されたパッケージ』であるので、

だからこそ、そのパッケージを使う権利として加盟金を支払い

ロイヤリティという継続的な費用を本部側に支払います。



そして、本部側は加盟店に対して、売上シミュレーションを実現してもらうべく、

サポート、フォロー、アドバイスなどを行っていくことが必要になります。



どこからどこまでするのかは、ビジネスモデルにもよりますし、

FC本部の理念や考え方にもよりますので、

『一定の責務』の範囲は各本部によって異なるのが実際です。



トラブルになるパターンで1番多いのが、

「売上がこうなりますよ」

的なことを、保証であったり約束に近いかたちで伝えてしまいますと、

実際にその数字に満たなかった場合、言った言わないのトラブルが起こります。



加盟希望者としても、あくまで売上シミュレーションはシミュレーションであって、

立地、商圏、地域特性、オーナーの資質や情熱など様々な変動要素がありますので、

加盟希望者側も変動要素を十分考慮せずに、

一概に売上シミューレーションだけで判断するのは早合点かと思います。



売上が実際のところどうなのかを本当に知りたければ、

本部側の許可をもらって実際の加盟店オーナーに話を聞きに行ったり、

或いは店舗にお客として訪れ、実際のところを感じることもできます。



業界のことも調べ尽くすくらいのことをしないと、

もしうまくいかなかった時に、後悔だけでなく、

周囲から見れば明らかに自分の準備不足や落ち度があるようなことも、

もしかすると『他責』にしてしまう要因となるかもしれません。



過去に脱サラの方がロードサイドでの独立を検討していたのですが、

どの場所がいいかということを確かめるため、できる限り自分の時間を削り、

自分の足で60の候補地を見て回って開業する場所を決めた方がいました。



それが全てではありませんし、

うまくいくかどうかは、ビジネスモデルや加盟希望者の資質や情熱にもよりますが、

確率を高める手法は必ず存在すると思います。



人生において重要な決断をすることですので、

逆に言いますとこれくらいのことはしておくべきことなのかもしれません。



…続きはまた来週で!

関連する投稿