イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】『フランチャイズ』と『のれんわけ』のメリット・デメリット 23

投稿日:2011年10月7日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。


屋上に出ると気持ちいい晴れ方で、

気温もちょうど良く芝生に寝ころびたいくらいの天気です。








昨日のお話の続きです。

2の『成長意欲や本気度が高い人材を採用できることで、
   販売力、企画力などが高まる = 結果的に利益だけでなく、
  
組織の活性化、将来換金価値がある知見やノウハウが多く生まれる』



に関しまして、結果的に利益が出やすいという意味では、

シンプルに『頑張る』からだと思っています。



そもそも、のれんわけもCV職も客観的に見るとリスクがある働き方です。

正社員で働けば『安定力』は上がるにもかかわらず、

期間が決まっているというある意味リスキーな働き方です。



それでも安定力を取らずにリスクを取るのは、

将来の自分に今を投資しているからです。



そんな人が3年間頑張らずにいるかどうか言いますと、

頑張らなければ、卒業する時に残念な自分がいるだけです。



またリクルートでは、企業ブランドや信頼だけで商品・サービスを

売ったり企画したりするのではなく、クオリティや顧客満足度を高めるために、

そこにプラスアルファとして各々が持っている

『個性』を加味してお客様に提供しています。



そこに成長意欲や本気度が高い人材の個性が加わることで、

単に売るだけの営業マシーンではなく、

個性が生み出す知見やノウハウは、それ自体が競合差別化になったり、

或いはその人が去っても後人に残せる『資産』となり、

結果的により商品・サービスレベルを向上させるものとなります。



3の『卒業後、リクルートの魅力を伝える「伝道師orファンor味方」になる』

に関しましては、恐縮ですが自身のお話をさせていただきますと、

アントレという環境を創ってくださった先人、上司、先輩の方、

またアントレを1つの事業としているリクルートという企業に対しても

深く感謝しています。この気持ちが消えることは一生ありません。



CV職という会社から離れることが決まっている契約社員に対して、

おそらく1回1人あたり10万円以上のコストはかかっている

中身が濃い研修を定期的にしてくれたり、

3年後卒業した時のことを考え、いつも本気で接してくれる上司と先輩、

仕事もプライベートも苦楽を共にして、同じ釜の飯を食べ続けた同僚、

リクルートの名刺があったからこそ得ることができたお客様との出逢い…



感謝すべきことは数えだすとキリがありませんが、

『○○だからこそできた』という血肉となる体験が多ければ多い程、

その場所を離れてもファンである続けるんだと実感しました。



ひっくるめていいますと、

『お金を払ってでも得たい環境』を与えてくれたことに感謝しています。



のれんわけ社員にとって、本部がそういう環境を創造すればするほど、

魅力的な制度になり、魅力的な人材が集まりやすくなります。



…続きはまた来週で!



関連する投稿