イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】『フランチャイズ』と『のれんわけ』のメリット・デメリット 25

投稿日:2011年10月12日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



昨日行われたサッカー日本代表×タジキスタン戦、

かなりの大差がついた試合になりました。

帰って録画を見ましたが、対戦相手とのレベルの差はあったものの、

選手が楽しそうにプレーしていたのが印象的でした。

是非1位通過して最終予選に行ってもらいたいです。




先週のお話の続きです。

2の『のれん分け制度の構築に手間がかかる』

に関しましては、制度の絵を描くことにも時間がかかりますが、

ここでのポイントは、

実際の体制を整えることに本当の時間と熟考が必要という意味です。




【時間をかけて修行してのれんわけをする人がどのようにすれば独立できるのか】

ということを突きつめて考えて、体制を整えていくことになります。



例えば、どうやって3年間(仮)で独立資金を貯めてもらう環境を用意するか。

 ⇒ 例、・積立金制度で給与から天引き
     ・貯めることと働くことに専念できるようにお店の近くに住居を用意



譲渡するお店の価値算出はお互いが納得できるものなのか。

 ⇒ 例、・初期投資額に減価償却費、既存会員数、直近1年間の売上などをベースに



どの部分を資金的にサポートできるのか

 ⇒ 例、・日本政策金融公庫向け事業計画書作成フォロー
     ・本部保証の融資をしてもらえるような金融機関を見つける
     ・本部からの貸付金制度



どうやって成長できる環境を用意してあげるのか。

 ⇒ 例、・直営店レベルの底上げ
     ・スーパー店長の元で一定期間必ず修行
     ・ステップアップ基準の明確化
     ・既存社員とのれんわけ社員が分け隔てない
       コミュニケーションが取れるように社内に制度の意義浸透



紙の上での制度設計だけであれば、そこまで時間をかけずにできますが、

制度の体制に魂やビジョンが入っていないと、

せっかく優秀な人材を集めても離脱していくことに繋がります。



一番良いのは、実際にのれんわけが成功しているからこそ、

店舗展開がうまくいっているのれんわけ本部の方にお話を聞くのが一番参考になります。




また3の『のれん分け社員が独立できない場合トラブルが発生する場合がある』

に関しましては、ステップアップ基準の明確化がポイントになると思いますが、

お店の経営者として必要な力を獲得できなかった場合は、

残念ながら独立という以外の道を選択していただくことを、

入社時にお互い認識の誤解がないようにする必要があります。



…続きはまた明日で!

関連する投稿