イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】『フランチャイズ』と『のれんわけ』のメリット・デメリット 27

投稿日:2011年10月14日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



昨日お客様とのお話の中で、

『できない理由』という言葉が出てきました。



その言葉を聞いてふと思いだしたのが、

いつも前向きで自分から勝手に壁を作らない先輩が過去に言っていた、

「できない理由を探しても楽しくないやん。どうしたらできるかを考えた方が絶対楽しいし。」

という言葉でした。



できる理由をいつも諦めずに探している先輩の言葉だったからものすごく刺さり、

考え方や価値観に影響を受けた言葉でした。

それは、成長したいかどうかということにも繋がることなんだと、

教えられた気がしました。




昨日お話の続きです。

3の『在職中に備わった経験がそのまま活かせる』

に関しましては、例えば飲食店勤務経験者が、飲食店を開業したいというような

同業界でののれんわけの場合は、幾つかの経験がそのまま活かせたりします。



ただ、同業界での経験だけでなく、社会人としての考え方や

コミュニケーション能力など、どんな職場でも普遍的に必要な要素を、

活かせるという意味でもあります。



管理職経験者であれば、修業期間中にこれから独立後も自分の部下として

働いてくれる人達ができた時、人を動かす行動や言葉など、

これまでのマネジメント経験が活きてくるシーンが出てきます。



4の『開業までに積立・融資制度が好条件で受けられる』

に関しましては、積立金制度はほとんどののれんわけ本部が

制度としてしっかりと構築されていますが、融資制度に関しましては、

本部の考え方や規模にもよるのが実際のところです。 



ただ、本部としても独立資金の用意をサポートすることが、

のれんわけ制度の1つの仕組みであるため、

何もないということはほとんどないです。



融資を受けるということに関して言いますと、

本部がサポートしてくれるというメリットを活かすのは大切ですが、

金融機関から実際に、

【お金を借りる】

ということは、主体的になって実際にやってみないと得れないことが多くあります。




将来のビジョンを描きながら事業計画書を作成するところから始まり、

金融機関の方への伝え方、経営者である自分の見せ方など、

【お金を借りる】ことで、改めて自分が行っていくことに対して、

覚悟であったり、責任感であったり、またお金を借りるということが

どういうことなのかを実感できます。



その体験が他の独立希望者の気持ちや立場になれることに繋がり、

いつか自分が独立して持った店から、自分と同じように独立したいという

人が出てきた時に、親身になって生きたアドバイスを送れることに繋がります。



…続きはまた来週で!

 

 

関連する投稿