イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある人様向け】『フランチャイズ』と『のれんわけ』のメリット・デメリット 32

投稿日:2011年10月21日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



久しぶりに朝にブログUPしている気がします。

そういえば、フェイスブックには書いたのですが、

このテーマで書き始めて一ヶ月は経っていると思います。



ここまで長くなるとは思っていませんでした。

後は、まとめ的なお話に来週くらいからなる予定です。



昨日のお話の続きです。

2の『のれん分け社員として入社すると当該FC以外の独立の選択肢がなくなる』

に関しましては、こちらも1と同様の理由で、ここをデメリットと感じるのであれば、

のれんわけを目指すことをしない方が、お互いのためにとって良いです。



3の『のれん分け社員期間の手取りが一般水準より低くなる可能性がある』

に関しましては、ここはある意味覚悟を決めなくてはいけないことになります。

修行をさせてもらうという立場上、1からスキルを磨き、人間力を高めるまでは、

提供できる価値と照らし合わせて手取りが低くなってしまうということもありますが、

本部が考えるスタンダードに来るまでは、

本部にとっても通常より多くの時間と労力が割かれるためでもあります。



ただ、本部によってはのれんわけ期間中に、一般水準よりもずっと高くなる場合もあります。

もちろん、入社当初からではありませんが、修業を重ねて自分がいよいよと

店長や責任者としての立場を与えられた時です。



役職給という以外にも、今後自分の店となる中で働いてもらっているスタッフを

『自分なりのマネジメント』

ができるように、その分だけ多く給与をお渡しする本部もあります。



そして、店長や責任者はそのお金を『生きたお金』にするべく、

メンバーと飲みにケーションを図ったり、或いはインセンティブにあてたり、

職場の人という関係性だけを目指すのではなく、

せっかくご縁があって一緒に働くことになった

仲間との親睦を深めるための旅行代にしたり…



色々な事例を伺いましたが、スタッフがお店を好きになったり、

或いはまだ年齢は若いけど本気で仕事をしている人達に触れることができることで、

仕事に対する姿勢や意識が高まり、将来自分もお店を持ちたいと言ってくる

スタッフが出てきたそうです。



ちょっと元々のデメリットのお話とはズレてしまいましたが、

手取りが低くなることは覚悟できるくらい開業資金を備えておくことで、

デメリットではなくなります。


…続きはまた来週で!
















関連する投稿