イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある人様向け】『フランチャイズ』と『のれんわけ』のメリット・デメリット 38

投稿日:2011年10月31日 投稿者:Yamada

こんにちは。

いつもありがとうございます。



TO DOを前倒しですることでできた『時間』で先のことを考えることができます。

ギリギリにしてしまうと見えない点も、冷静に客観的に見ていくと、

色々な点に気付くことができます。

これも1つの『心の余裕』というものだと思っています。


先週のお話の続きです。

のれんチャイズ制度を構築した場合の、

のれんチャイズ社員の想定できるメリットは、


 ① スタートダッシュにつまづくリスクが減る
 ② 研修期間の長さと比例して自信と安心が得れる
 ③ 長い付き合いになるであろう本部との関係性が強化される

 ④ 技術もマインドもビジネスモデル理解力も高めることで、本部の仕事を受けれる
  (別の収益柱の獲得)




①の『スタートダッシュにつまづくリスクが減る』に関しましては、

のれんチャイズ社員にとって最も得たいメリットかもしれません。



経験者ならまだなんとかカバーできることもあるかもしれませんが、

未経験者の場合、いざ自分の力だけでスタートする時、ものすごく不安になります。

常に近くで教えてくれる人がいるわけでもなく、常にOJTです。



失敗することで得れる経験や今後の糧がたくさんあるのも事実ですが、

プラスできた修業期間を活用して、例えば初めのうちは本部のSVが

横でついてフォローしながら、良いところ・わるいところを指摘して改善していくなど、

ステップを踏んで実践に入ってもらうと、また結果は変わってくるかもしれません。



ちなみに、期間についての善し悪しの問題ではなく、

短期間でできる人が出てくる確率と、

それより長い期間でできる人が出てくる確率の違いになります。



また研修期間が長い方が、

副産物として②の『研修期間の長さと比例して自信と安心が得れる』

という、長期で見た場合のメリットにも繋がります。



…続きはまた明日で!

関連する投稿