イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 事業を始める前に必要なこと ~3C分析 ③~

投稿日:2011年11月8日 投稿者:Yamada

こんにちは。

いつもありがとうございます。



気がつけばもうこんな夕方の時間でした。

この後外出があるので、本題に入ります。




昨日のお話の続きです。

昨日のレッドオーシャンのお話とは逆に、ブルーオーシャンのお話になります。

『ビジネスモデルの参入障壁』が高いというのは、

例えば、業界独特のコネクションや知見が必要というケース。



市場性があるのは十分わかっているのですが、

俗人的な技術・スキル・知識による(労働時間が読めない)サービス提供のため

大手が参入したくてもしにくいケース。

いわゆる『職人』の業界がこのケースにあてはまります。



競合他社が持っていない独自の仕入れルートを確保しているため、

カスタマーが喜ぶような価格優位性を持って商品を販売することができる。



別の言葉で言い直しますと、 

「●●でもいい」

ではなく、

「●●でなければいけない」

と顧客から思われる強みがあるかです。



ブルーオーシャンになるまでには、多少の時間がかかります。

まずどこか1社が出てくると、それと同じビジネスモデルが可能そうな競合が出てきます。



その後は、参入障壁次第で雨後の筍のごとく出てくる場合もありますが、

最終的には市場原理が働いて淘汰されていくことになり、

残るべくして残る企業が市場利益を獲得することができます。



…続きはまた明日で!

関連する投稿