イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 ~ 店舗型ビジネスの「紙クーポンから電子クーポン」の流れ ⑦ ~

投稿日:2011年12月6日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



フェイスブックで「音声認識Mail」というアプリが

話題になっていたので、試しにダウンロードしてみましたところ、

かなり精度が高くて驚きました。



名前も、電話帳の情報をサーバーに置いておけば変換され、

長文の時などは便利かもしれません。






昨日のお話の続きです。

お店がクーポンという身銭を切ってまで本当に欲しいのは、

新規顧客の来店による一時的な売上UPではなく、

リピーターになっていただき、LTV(生涯顧客価値利益)を増やすことです。



つまり、1度きりのお客様になっていただかないために、

お客様とコンタクト・コミュニケーションを取り続けるための

『顧客情報』 

が最も欲しいのです。

 

住所とお名前がわかればDMをお送りすることができます。

メールアドレスをわかっていれば、クーポンメールが配信できます。



しかも、全ての人の『24時間30㎝以内』にある携帯電話の

メールアドレスを知っていれば、開封率・コンバージョン共に

PCのクーポンメールに比べて格段に高まります。



お店にとっては、クーポンという身銭を切る代わりに、

お客様の新規来店だけでなく、関係性をKEEP&GROWすることができる

『顧客情報』を得ることができれば、

クーポンに使った割引は、LTBを考慮しますとROIとしては十分だと感じれます。



…続きはまた明日で!

関連する投稿