イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 ~ 退職をどう捉えるか ④ ~

投稿日:2011年12月15日 投稿者:Yamada

こんにちは。

いつもありがとうございます。



退職をどう捉えるかというテーマでブログを書いているのですが、

退職に限らず、目の前で起こっている事象や出来事をどう捉えるか次第で、

それに対する思い方や言動も変わってくると最近よく感じます。



普段から『利他』の考えを持っていたり、

良くないことが起きてもプラスに転換できる考え方を持つことは、

自分に余裕をもたらしてくれる大切なことだと思います。



昨日のお話の続きです。

【飛ぶ鳥跡を濁す】にはどんなケースがあるかと言いますと、

例えば、何の筋も通さないだけでなく、

退職後に競合としてスタートしたりする人、

或いは周りへの迷惑は考えず自分の都合ばかり優先して退職したりする人…



そういう人には、

「この人のためなら何か力になってあげたい」

という【応援】が集まることはまずありません。

【応援】は、自社の成長の貴重なきっかけとなってくれます。



退職時における【飛ぶ鳥跡を濁さず】は、

上司、同僚、後輩、先輩、お客様…

ご縁があってお世話になった身近にいる様々な人に対して、

礼節を持って【筋】を通し、感謝の気持ちを伝えることであったり、

自分が残せるものがあるのであれば、

自らを育ててくれた環境に対して恩返しをする機会でもあります。



【飛ぶ鳥跡を濁さず】羽ばたいた人には、

それまで築き上げた人間関係や、場合によってはクライアント様との

関係性もそのまま継続することに繋がり、

独立・起業後もそれが例えば『お取引』であったり、

目に見えるカタチとなることも少なくありません。



【飛ぶ鳥跡を濁し】羽ばたいた人には、

周りにいた多くの人が、どうしても敬遠するようになり、

本来であれば得ることができたチャンスや経験を逃すことに繋がります。



…続きはまた明日で!

関連する投稿