イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 ~ 信頼残高を積み重ねている人 ⑤ ~

投稿日:2011年12月26日 投稿者:Yamada

こんにちは。

いつもありがとうございます。



全国的にですが、昨日から急に寒さが厳しくなってきました。

足まで冷えるという感覚を久しぶりに体感しました。

もう今年も残すところ今日を入れてあと6日。

年明けにスムーズなスタートができるように頑張ります。



先週のお話の続きです。

信頼残高を高く高く積み重ねられている方の共通点というお話でした。



⑦ 常に腰が低い



腰が低いという言葉を聞くと、なんとなく丁寧なだけというイメージが

湧くかもしれませんが、ここでの意味は、

「常に相手を敬う心を持ち、耳を傾ける姿勢で接し続ける」

という意味になります。



「あの方凄い人なんだけど、腰が低いんですよ。」

という言われ方の時です。



敬う心を持つというのは、以前のお話(丁寧・謙虚・敬意の心)でも

出てきたことかと思いますが、

「接し続ける」の「続ける」が大事なところになります。



例えば、会社やお店が成長した時に、以前と変わらない心を持って、

自分の周りにいる大切な人に対して、同じ気持ちで接し続けられるかということになります。



自分よりも年齢がずっと上で、

お店を全国展開されている経営者の方がいらっしゃるとします。

その方は、売上規模も何十億円という規模ですが、今も昔も

その方は一言で言いますと誰に対しても「全く威張らない」方です。



結果を得ている方なのに、自分の周りにいる人達の意見やアドバイスに

まず耳を傾けられます。

その上で、取捨選択してベストな方法を見出すということを常にされています。



腰が低いという言葉は、目線を少し下げることによって、

相手のつま先から顔までしっかりと見渡す、

つまりその人の全てをしっかりと見つめるという言葉なのではと思います。



その謙虚な姿勢だけでなく、正しく見てくれているということに対して、

周りの方達からの信頼残高が集まってきます。




…続きはまた明日で!

関連する投稿