イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 2012年に有望とされている職種 ⑤

投稿日:2012年1月13日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



知識ゼロに近い状態からスタートして、適切なアドバイスや教えをいただき、

「できないことができるようになる」

感覚は、スポーツでも仕事でもやはり楽しいなぁと

昨日久しぶりに実感できました。

ご教授いただけたことにホント感謝です。



昨日のお話の続きです。

板羽さんが栄養管理士さんの「健康管理プログラム」で

具体的にどんなことをされていたかは下記の通りとなります。



<健康管理プログラム>

 ◆お互いが高め合って継続モチベーションを保つため7人でスタート

 ◆Facebookの『グループ機能』を使って、お互いの健康状況を日々共有
  (例、毎日体重の投稿)

 ◆月一回集まるミーティングで、栄養管理士さんが各人に合わせた
  アドバイスや新たな目標設定をしてくれる



まさに、潜在ニーズを満たす仕組み!

ということを身近でそのまま実践されていました。



結論から言いますと、板羽さんはものすごく成果を得られたようです。

日々の中で無理のない健康管理の中で、

板羽さんの体重は63.5kgから、大学時代の57.5kgになり、

身体が軽くなり健康的な面でのメリットを得られただけでなく、

この健康プログラムを通じて様々な気付きを得られたそうです。



1つは、Facebookというソーシャル&クラウドサービスにより、

管理が容易というだけでなく、相互に見られているという意識が

1つのモチベーションになられたようです。



ソーシャルメディアの特徴である、

「オンラインでずっと繋がっている」

を活用され、本来であればリアルに会うという行為で、

行っていたことや管理していたことを代替えしています。



そこでは、プログラムに参加している方のコメントに対して、

栄養管理士さんからも指導のコメントをいただくことができ、

タイムリーなPDCAが行われていたのも、大きなポイントだったそうです。



また、ソーシャル&クラウドメディアの活用により、

会うための距離や時間という「労力コスト」をカットし、

物理的障壁を取り除くことでも、継続性を高められています。



そして、健康管理は

『自分でコントロールできること』

ということを実感されたそうです。



例えば、体重が昨日より少し増えていたとします。

理由は、昨日の夜にあった飲み会かなと大体わかり、

だったら今日はその分、食事をコントロールして体重をコントロールしよう。



というふうに、原因と結果がはっきりとしていて、

それをどうするかは自分の意志と行動次第ということになります。



そして、全ての行動に真摯に向き合う板羽さんらしいお言葉だなと思ったのが、

「ある意味健康管理プログラムは仕事やビジネスの進め方と通じることもあります。
 自分の意志と行動次第で結果が変わるということは。
 ただ、自分の力の作用度は健康管理プログラムの方が大きいですけど。」


でした。



ちなみに、板羽さん以外のご参加者の中には、

夜型の生活で遅くに食事をされることなどを続けてこられた方が、

健康プログラムを通して、朝方の生活になられたようです。



人によって健康ニーズは異なり、

体重ということだけでなく、生活習慣という改善もできるということも

このプログラムの大きなメリットだと仰っていました。



また、月1度の健康管理スペシャリストである栄養管理士さんからの

アドバイス、また目標設定の見直しがものすごく良かったそうです。

そこで、新たなモチベーションでまた気持ちにリセットでき、

健康管理にとって肝である『継続性』を得ることができたそうです



また、体重の推移を折れ線グラフを使ってビジュアルで見て行くことで、

意識が高く保てたそうです。



健康管理スペシャリストによるマネジメント、

Facebookというソーシャル&クラウドメディアのフル活用、

複数人の参加によるモチベーションアップ、

データ管理による自己管理能力向上、

定期的ミーティングの開催…



様々な要素を組み合わせることで、

健康管理についての潜在ニーズを満たすことになる事例と感じました。



…続きはまた来週で!

関連する投稿