イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 PUSH型の新規顧客開拓について ②

投稿日:2012年1月18日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



昨日の夜遅くにブログをUPしてから間もないですが、

朝からバタバタしそうなので、UPしてみます。



昨日のお話の続きです。

同じリストの数があっても、

価値が何十倍も異なることがありますというお話でした。



例えば、リストを100社集めて電話をしたとします。

そして、アポイントが取れたのは0件という結果になるとします。



考えられる原因は、テレアポトークに改善の余地があるか、

リストの『質』が良くないかになります。



リストの『質』の1つに、

「新鮮度」という基準があります。

これは、2つの意味で新しいことを指します。



1つ目は、最新という意味の新しいで、

まだ出始めて間もないという意味になります。



具体的な例でいきますと、

独立・起業した人の会社に、2ヶ月もすれば税理士事務所さんから

テレアポがあったり、営業DMが送られてきます。



おそらく、最近1カ月で、ある地域で法人登記した会社をリストアップし、

その会社に対してアプローチしています。

リストアップの方法は、リスト業者から購入しているのか、

或いは自分たちで集めているのかまではわかりませんが・・・



いずれにしても、会社が設立したての頃であれば、

顧問税理士をまだ決めていないだろうということで、

まだ顧客のニーズが競合にも取られていない、

つまり「新鮮度」が高いのでアプローチをしてきています。



…続きはまた明日で!

関連する投稿