イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 PUSH型の新規顧客開拓について ③

投稿日:2012年1月19日 投稿者:Yamada

こんにちは。

いつもありがとうございます。



寒くなってからすっかり行く機会が少なくなった会社の屋上ですが、

昨日久しぶりに行きました。

あまりの寒さにゆっくり休憩できずすぐに戻りましたが、

やはり落ち着く空間です。





昨日のお話の続きです。

リストの『質』の1つに、

「新鮮度」という基準があります。

これは、2つの意味で新しいことを指します。



1つ目は、最新という意味の新しいで、

まだ出始めて間もないという意味になります。



2つ目は、最新ではないのですが、競合がまだリストアップしきれず、

リーチしていないという意味で鮮度が高いという意味になります。



実例を出した方がお伝えしやすいかと思いますので、

恐縮ですが私が前職で営業をしていた時のお話を例として挙げさせていただきます。



前職のアントレでは、お客様はフランチャイズ、代理店、

のれんわけ展開をしている企業様でした。

どうやってお客様のリストを作成していくか。

お客様からのお問い合わせ(引き合い)は別として、自らリストアップしていく方法として、


 ◆過去アントレにご掲載いただき、現在はご掲載いただいていないお客様をリストアップ

 ◆競合媒体に出ているお客様をリストアップ

 ◆東京ビッグサイトやインデックス大阪のイベントを調べ事業拡大しそうな企業をリストアップ

 ◆GoogleとYahoo!(当時は検索ロジックが別)で「フランチャイズ募集 大阪」
  など地名やキーワードを変えリストアップ

 ◆求人雑誌でのれんわけ人材募集しているお店をリストアップ

 ◆行ったお店が「カレー●● □□店」とあったら多店舗展開していると考え
        ネットで調べリストアップ

 ◆不動産業界誌で投資用マンションを販売している企業をリストアップ


のようなことを行っていました。



ただ、上記の方法は社外競合もそうですし、諸先輩方、現役の同僚など

みんなが知っているリストアップ方法なので、大体がリーチされていたりします。

既存のリストアップ方法でうまく初リーチするには、タイミングが重要になります。



イベントのリストであれば、狙っていたイベントのリストがHP上で公表された日に

リストアップして先にアプローチするなどです。



では、最新ではないのですが、競合がまだリストアップしきれず、

鮮度が高いリストアップをどのようにしていくかというのは、

また明日で!

関連する投稿