イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 PUSH型の新規顧客開拓について ⑤

投稿日:2012年1月23日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



早くも1月が終わりかけです。

そういえばスケジュール帳を見ていたら、

今年は2月は29日まであるので、なんか1日得した気分です。




先週のお話の続きです。

最新ではないのですが、競合がまだリストアップしきれず、

鮮度が高いリストアップをどのようにしていくかというお話でした。



そして、1つの方法として、

『人が歩かない裏道を探す』があって、

時間と労力がかかるからこそ、競争相手は少なくなり、

誰も歩いていない裏道は綺麗なままになっているというお話でした。



『人が行く 裏に道あり 花の山』


を行う方法として、『労力』と『時間』をかけるという手法で

もう1つ例を挙げてみます。



例えば、投資用マンションを販売している企業を探したいとします。

その場合、検索エンジンで、

「投資用マンション販売 地域名」

と入れて検索していくのもあるかと思います。



この手法はかなりの範囲を網羅できるというメリットがありますが、

実際に何か商品・サービスを販売するという側の観点に立ちますと、


「商品・サービスに投下するための予算はあるかどうか」

「何か課題に対する必然性や緊急性を持っていそうか」


というようなことが気になってくるかと思います。



そうした観点に立った時、将来的にはありそうだけど、

今はまだなさそうという候補もリストアップするのがこの手法になります。



ただ、もしリストの数は少なくなってもいいので、

ニーズが顕在化していて、必然性や緊急性も感じられるような企業を、

ピンポイントでリストアップしたい。



といった時には、

『特化した情報媒体を見つける』という手法があります。



もし可能であれば投資用マンションを販売している企業が

集まっている媒体があれば、その媒体自体がリストアップされた成果物になるので、

リストアップにかける労力や時間が削減されます。



…続きはまた明日で!

関連する投稿