イエローテイル・オーシャン株式会社

フランチャイズ・代理店業界特化型ホームページ制作・リニューアル専門のウェブサイト制作会社「イエローテイル・オーシャン株式会社」

【独立・起業に興味がある個人様向け】 販売代理店制度について ⑧

投稿日:2012年2月13日 投稿者:Yamada

おはようございます。

いつもありがとうございます。



2月は「逃げる」と言いますが、ホント早いです。

今年は29日まであるとしてもです。

1月に引き続き、しっかりと準備していきたいと思います。



先週のお話の続きです。

稼働力=「売りやすいかどうか」×「報酬が見合うかどうか」×「サポートが手厚いかどうか」

稼働力に欠かせないとされている上記3つの要素ですが、

これらの3要素に加えて、もしこういう要素も盛り込むことができれば、

更に稼働するというお話でした。



3つ目は、

『販売代理店のコミットメントを得る』

という要素になってきます。



販売代理店本部が販売代理店に対して、商品説明だけ行い、

「では、これで売ってきてください」

というパターンや手法もあるかもしれません。



ただ、販売代理店にとっても、どうせ売るのであれば、

商品に対する想い、そして商品を売ることによってどうお客様が喜ぶ、

そして、販売代理店本部が目指す方向性やビジョンなどを共有することで、

『同じ船に乗る』

ということができ、商品・販売代理店本部に対する想い入れが大きく異なってきます。



「売れたらいいや」

という意識から

「どんどん売っていこう」や「売っていくにはどうしたらいいのか」

に変わるケースをこれまで見てきました。



商品・サービス内容に知識・スキルが必要であればあるほど、

報酬などの要素だけでは稼働し辛くなります。

その時に、3要素以外の要素がキーとなってきますが、

特にコミットメントについては、初めにあるのとないのとでは、

その後に大きな差が生まれる根幹を担う部分でもあります。



もちろん、販売代理店になりたいという個人・法人の中には、

「そんなことはあまり関係ないので、とにかく報酬を」

という方もいらっしゃるかもしれません。



某通信キャリアの販売代理店フィーの仕組みのように、

アルバイトの勤続日数が何日以上に対して幾ら幾らなど、

あらゆるプラス要素にフィーを紐付け、

とことん突き詰めて稼働力を高めるという方法もあるかもしれません。



あとは、販売代理店本部としてどうしたい、

自社の大切な商品・サービスをどんな方にならお任せして売っていただきたいと

思うかだと思います。



稼働力=「売りやすいかどうか」×「報酬が見合うかどうか」×「サポートが手厚いかどうか」

というのは、あくまでも仕組みを創るためには欠かせない考え方であって、

長期的な視野で見た場合、どんな商品・サービスかによってスタイルは異なりますが、

『同じ船に乗る』

つまり同じ生態系で活動している仲間であるということ、パートナーであるということを

具現化している相互向上の仕組みが整っているかどうかが肝になると思います。



『信頼価値』が『貨幣価値』より重視される場面が増えてきている昨今では、

より稼働力を作用するポイントとなるのではと思います。



今回でこちらのテーマのお話は締めさせていただきたいと思います。

長い間お付き合いいただきましてありがとうございました。

















関連する投稿